後悔しない配食フランチャイズ本部を選ぶための3つのポイントをわかりやすく解説
  • 高齢者配食サービス店舗 経営 開業

開業を本気で考えているあなたへ

簡単10秒入力

実際に開業した資金実例です。正確な金額把握ができます。 

不動産取得・店舗内装費・厨房機器・備品一式を購入した際の書類一式を公開します。

フランチャイズ本部5社を厳選!
高齢者配食サービスのフランチャイズ本部を選ぶならココだ!!
 

高齢者配食サービスでシルバービジネスに参入したいとお考えのあなた。こんなお悩みはありませんか?

✅どのフランチャイズ本部に加盟したら一番失敗しないの?

✅いちばん費用が安く済むフランチャイズ本部はどこ?

✅資料のどんなところを見たらいいの?

✅配食サービスって将来的に大丈夫なの?

✅加盟店ってちゃんと儲かってるの?

✅開業するには、加盟金以外に平均で幾ら位かかるものなの?

✅良い話ばかりで逆に怖いです。失敗例ってあるの?

経営知識やノウハウがなくても始められる。それがフランチャイズ経営を選ぶメリットです。でも高齢者配食サービスには、たくさんのフランチャイズ本部さんがあります。いったいどのフランチャイズ本部さんを選んだらいいのか?迷っていませんか?

そこで当サイトでは、高齢者配食サービス本部さんの資料を比較検討して、独自のランキングをつけてみました。ぜひ、あなたのフランチャイズ本部さん選びの参考にしてください。

※編集部が独自にランキング化したものです。最終的な決定はご自身の責任になりますので、ご注意ください。※記載情報は、インターネットおよび各社資料を参考に記載しておりますが、万が一記載情報に誤りがある場合は訂正をしますので、お気付きの際にはご一報ください。 

 

今回、調査委員会が選んだ高齢者配食サービスのフランチャイズ本部さんは次の5社(6ブランド)です。

まごころ弁当/配食のふれ愛(株式会社シルバーライフ)

ライフデリ(株式会社グランフーズ)

ニコニコキッチン(株式会社ソーシャルクリエーション)

宅配cook123(株式会社シニアライフクリエイト)

けんたくん(株式会社ジョイント)  ※()内は運営会社。順不同

ランキングは、開業時にかかる資金(加盟金/保証金)と、実際に店舗を運営した時にかかってくる費用(ロイヤリティー/システム使用料/月会費)を比較して、より安定した経営につながると判断したフランチャイズ本部さんに、高いポイントをつけて算定しました。ただし、あくまでも独自のランキングですので、最終的な判断はご自身でお願いします。それでは発表します!

 まごころ弁当/配食のふれ愛

ブランド概要

運営会社 本社所在地 代表者名
株式会社シルバーライフ 〒160-0023
東京都新宿区西新宿4-32-4
代表取締役社長 清水 貴久
電話番号(代表) ホームページ 加盟店舗数
03-6300-5622 店舗数業界No1!高齢者配食サービスチェーン・まごころ弁当 全国 約545店舗

収益モデル 損益分岐点50食(一人)

月商 709,500
商品原価 296,571
ロス原価 0
売上総利益(粗利益) 412,929
人件費(社員・パート) 0
その他経費 162,000
ロイヤリティ 0
システム使用料 0
月会費 30,000
営業利益 220,929

FC加盟条件

契約期間 加盟金 保証金
5年間 0円 0円
研修費 ロイヤリティ システム使用料
0円 0円 0円
月会費 エリア保護 エリア拡大
30,000円 有り 本部許可制

開業資金

店舗取得費 別途お見積もり
内装工事費 0~1,500,000円
厨房機器費 0~1,200,000円
容器・備品 記載なし
販促物 記載なし
事務機器など 記載なし

食材費(おかずのみ)

普通食 ボリューム食 糖尿病対応食
180円~ - 294円
腎臓病対応食 やわらか食 ムース食
313円 287円 246円

 ここがポイント

POINT  POINT  POINT 
なんといっても加盟店舗数FC本部のなかではダントツのNo.1。全国545店舗を展開する最大手。 加盟金/保証金/ロイヤリティーがすべて0円の通称『ゼロプラン』で開業の敷居が低い。 自社工場と提携工場を合わせて全国20カ所以上に食材工場を持つ。全国一律の送料を可能にしている。

調査員のコメント欄

シルバーライフさんの展開する『まごころ弁当』『配食のふれ愛』の特徴は、なんといっても加盟金/保証金/ロイヤリティーがすべて0円のゼロプランにあります。そのほか、システム使用料も無料化するなど、ランニングコストという面で他社との一線を画しています。

食材への取り組みも大きなポイントです。利用者にとっての最大の問題は『飽きること』です。この問題に対して、冷凍ではなく、風味が残る冷蔵品を採用しており、離客されない工夫をしている点は、高く評価されて良いと思います。加えて自社工場も含めて、全国20カ所に食材工場を持つことで、食材の送料を全国一律にしている点も評価しました。もし工場が一カ所しかなければ、万が一、そこで不備が起きた場合、食材の供給が止まってしまう可能性がありますが、そういったことがないように、という食材環境への配慮がされている点に、フランチャイズ本部としての心意気とこだわりを感じました。

営業エリアも一定の条件をクリアして、本部が許可をすれば、自由に拡大が可能など、加盟店の頑張りが認められる点もプラスの評価をして良いと思います。

資料請求がありました👉 

.

ライフデリ

ブランド概要

運営会社 本社所在地 代表者名
株式会社グランフーズ 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田3-20-3 レガリアタワーレジデンスB1 代表取締役社長 小川雄一郎
電話番号(代表) ホームページ 加盟店舗数
050-3171-8071 心の繋がり・高齢者配食サービス 全国 約80店舗

収益モデル 50食を想定

月商 812,310
商品原価 336,413
ロス原価 0
売上総利益(粗利益) 475,897
人件費(社員・パート) 0
その他経費 170,000
ロイヤリティ 0
システム使用料 18,000
月会費 30,000
営業利益 257,897

FC加盟条件

契約期間 加盟金 保証金
3年間(以降3年更新) 0円 0円
研修費 ロイヤリティ システム使用料
100,000円 0円 18,000円
月会費 エリア保護 エリア拡大
30,000円 有り 本部許可制

開業資金

店舗取得費 240,000円
内装工事費 115,000円
厨房機器費 133,000円
容器・備品 115,000円
販促物 記載なし
事務機器など 記載なし

食材費(おかずのみ)

普通食 ボリューム食 糖尿病対応食
196円 - 275円
腎臓病対応食 やわらか食 ムース食
低タンパク食 306円 - 248円

 ここがポイント

POINT ❶ POINT  POINT 
FC加盟契約期間が3年間(以降3年更新) 加盟金/保証金/ロイヤリティーが0円。 営業エリア拡大OK

調査員のコメント欄

第2位は株式会社グランフーズさんの展開する『ライフデリ』です。こちらも第1位のシルバーライフさん同様に、加盟金/保証金/ロイヤリティーが0円という部分を、ランニングコストに重要なポイントを置いている当調査委員会として評価しました。また営業エリアに関しても一定の条件をクリアすることで拡大が可能なことも、今回のランキングポイントとして加味しています。

月会費が30,000円という部分は、第1位のシルバーライフさんと同じなのですが、こちらはシステム使用料が月々18,000円かかってしまう点が気になるポイントです。開業間もない店舗にとって、18,000円は大きいですからね。

食材面では、シルバーライフさんと同様に風味や飽きの少ない冷蔵品を提供しており、店舗を運営するにあたっては、加盟店にとって大きなプラス要素だと思います。ただし『ライフデリ』さんでは、中部・関西・九州地方への発送の場合や発注時に一箱プラス700円の食材送料がかかるのが、当サイトが注目する『ランニングコスト』という面で、ややマイナスのポイントとなりました。

.

ニコニコキッチン

ブランド概要

運営会社 本社所在地 代表者名
株式会社ソーシャルクリエーション 〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町1-8-15 野村不動産大阪ビル4F 代表取締役社長 高崎 幸人
電話番号(代表) ホームページ 加盟店舗数
06-6264-6667 ニコニコキッチンとは? 全国 約98店舗

収益モデル 開業12カ月〜24カ月(平均)

月商 1,487,287
商品原価 580,042
ロス原価 0
売上総利益(粗利益) 907,245
人件費(社員・パート) 267,037
その他経費 260,657
ロイヤリティ 59,491
システム使用料 8,000
月会費 0
営業利益 595,185

FC加盟条件

契約期間 加盟金 保証金
5年間 1,900,000円 800,000円
研修費 ロイヤリティ システム使用料
200,000円 4% 8,000円
月会費 エリア保護 エリア拡大
0円 有り 不可

開業資金

店舗取得費 別途お見積もり
内装工事費 別途お見積もり
厨房機器費 2,550,000円
容器・備品 820,000円
販促物 記載なし
事務機器など 記載なし

食材費(おかずのみ)

普通食 ボリューム食 糖尿病対応食
249円 273円 -
腎臓病対応食 やわらか食 ムース食
- - -

 ここがポイント

POINT  POINT  POINT 
加盟金は最高値の190万円 在宅配食サービス&買い物代行サービスを ロイヤリティーは0円ではないが、上位2社に続き8,000円定額

調査員のコメント欄

第3位には、株式会社ソーシャルクリエーションさんの展開する『ニコニコキッチン』です。今回、ご紹介した5社のなかでは、加盟金が最高値の190万円と決して安くはありません。しかしロイヤリティーを4%にして、システム使用料も定額の8,000円に抑えていることが評価されて、第3位となりました。

『ニコニコキッチン』は全国での店舗数は98店舗とシルバーライフさんなどに比べると少ないのですが、その分、大きな市場であるエリアが残されているとも言えます。これから開業を目指す方にとって、参入の余地が高いと言えるのではないでしょうか。

また、営業エリアの拡大が不可ではありますが、これは逆に本部が加盟店同士のご利用者様の取り合いを防いでいる。という見方もできます。ある程度の人口密度の高いエリアを抑えることが、このビジネス最大の成功ポイントであることを考えると、見方によっては、逆にプラス要素として考えてもいいかもしれません。

.

 宅配クック1・2・3(ワンツースリー)

ブランド概要

運営会社 本社所在地 代表者名
株式会社シニアライフクリエイト 〒108-0073東京都港区三田3丁目12番14号 ニッテン三田ビル6F 代表取締役社長 高橋 洋
電話番号(代表) ホームページ 加盟店舗数
03-5427-3981 私たちはお客様の向こう三軒両隣のちょっとお節介なお弁当屋さんです 全国 約330店舗

収益モデル スタッフ4名を想定

月商 3,526,800
商品原価 1,481,256
ロス原価 35,268
売上総利益(粗利益) 2,010,276
人件費(社員・パート) 982,000
その他経費 312,000
ロイヤリティ 176,340
システム使用料 0
月会費 0
営業利益 539,936

FC加盟条件

契約期間 加盟金 保証金
3年間 1,800,000円 500,000円
研修費 ロイヤリティ システム使用料
200,000円 0円 40,000円
月会費 エリア保護 エリア拡大
0円 有り 不可

開業資金

店舗取得費 別途お見積もり
内装工事費 別途お見積もり
厨房機器費 別途お見積もり
容器・備品 300,000円
販促物 記載なし
事務機器など 記載なし

食材費(おかずのみ)

普通食 ボリューム食 糖尿病対応食
210円 236円 302円
腎臓病対応食 やわらか食 ムース食
302円 302円 302円

 ここがポイント

POINT  POINT  POINT 
店舗数は第2位の全国約330店舗 主要株主には、あの『ファミリーマート』 高齢者配食サービスの老舗ブランド

調査員のコメント欄

第4位は、高齢者配食サービス事業では一番古い歴史をもっている株式会社シニアライフクリエイトさんが展開するブランド『宅配クック1・2・3』です。

一番の老舗である同ブランドをこの順位にした理由は、上位3者に比べてランニングコストが高かった点にあります。ロイヤリティーこそ5%と第3位の『ニコニコキッチン』とほぼ遜色ありませんが、システム使用料が、月々40,000円かかってしまう点が、マイナス点となりました。何度も繰り返しますが、開業間もない店舗では、できるだけランニングコストを抑えたいというのが本音だからです。

しかしながら、老舗としてのブランド力は、今回、ご紹介した中では、やはりトップクラスです。実際に歴史の古さはこの世界の知名度の高さと比例しているため、実際に営業に行った際に、訪問先のケアマネージャーさんへの信頼度は、相当高いと言えるでしょう。フランチャイズ本部に加盟して、店舗運営をする意味を考えたときに、大きなポイントになるでしょう。

.

 けんたくん

ブランド概要

運営会社 本社所在地 代表者名
株式会社ジョイント 〒580-0026 大阪府松原市天美我堂3丁目65 代表取締役社長 大田 利和
電話番号(代表) ホームページ 加盟店舗数
072-339-1611 病態食・健康食のけんたくん 代理店 全国 約120店舗

収益モデル (80食)

月商 1,728,000
商品原価 1,036,800
ロス原価 0
売上総利益(粗利益) 691,200
人件費(社員・パート) 0
その他経費 179,000
ロイヤリティ 0
システム使用料 0
月会費 0
営業利益 512,200

FC加盟条件

契約期間 加盟金 保証金
5年間 1,800,000円 600,000円
研修費 ロイヤリティ システム使用料
380,000円 0円 0円
月会費 エリア保護 エリア拡大
0円 有り 有り

開業資金

店舗取得費 別途お見積もり
内装工事費 別途お見積もり
厨房機器費 700,000円
容器・備品 20,000円
販促物 記載なし
事務機器など 記載なし

食材費(おかずのみ)

普通食 ボリューム食 糖尿病対応食
348円 - 450円
腎臓病対応食 腎臓病対応食 ムース食
低タンパク食 504円 透析患者対応食 504円 -

 ここがポイント

POINT  POINT  POINT 
代理店契約での配食サービス 全国で120店舗を展開して、勢いがある 治療食にも幅広いラインナップ

調査員のコメント欄

第5位にランキングされたのは、株式会社ジョイントさんが展開するブランド『けんたくん』です。今回、ほかの4社がフランチャイズ本部として、加盟店契約しているのとは違い、あくまでも代理店契約としてのビジネス展開が可能になります。

加盟金/保証金/研修費などが、ほかのフランチャイズ本部さんに比べると高額な印象がありますが、代理店契約ということで、ランニングコストであるロイヤリティー、システム使用料がかかりません。また、本部の方針に縛られることがほとんどなく、店舗名なども自由につけることができます。代理店である利点を生かして、2店舗目、3店舗目と自由に店舗展開できる点が、大きな特徴です。

もう少し上位にできなかったのは、原価率60%という高さにあります。しかし営業エリアを自由に設定できる点や月会費もなく、ランニングコストが少ないことは、店舗運営の大きなメリットであることは間違いありません。自由な店舗展開というメリットと合わせて、ここをどのように評価するかが、本部選びのなかで最終的なポイントになるでしょう。

開業を本気で考えているあなたへ

簡単10秒入力

実際に開業した資金実例です。正確な金額把握ができます。 

不動産取得・店舗内装費・厨房機器・備品一式を購入した際の書類一式を公開します。

高齢者配食サービス フランチャイズ本部を選ぶ3つのポイント

最後に、あなたがフランチャイズ本部を選ぶときに、押さえておくべきポイントを3つお教えします。

さまざまない意見がありますが、当サイトが考えるフランチャイズ本部さんの実力は、以下の3つで決まると考えています。比較表と併せてフランチャイズ本部選びの参考にしてください。

さてその3つのポイントとは

(1)予測力

(2)開発力

(3)スーパーバイザー

です。

(1)予測力とは?

これは主に売上予測や利益予測のことです。

フランチャイズと契約する前には、かならず事前に本部さんから「この地区だと、このくらいの時期にこれくらいの売り上げと利益が出ます」という市場調査と、それに伴う利益予測を出してもらえます。この予測がどのくらいの精度なのか?によって、その本部さんの実力がわかります。

加盟する側にとっても、お金を出して開業するのですから、開業してから「全然予測と違うじゃん」となったら後の祭りです。きちんとした数字を出してくれる本部さんの方が評価が高いのは当然ですよね。

実際に「予測に近い結果が出た」という方もいれば、「半分くらいの売り上げだった」など、たくさんの結果があると思います。もしかしたら「できるだけよく見せよう」と思って、少し盛った感じの利益予測を出してくる本部さんがあっても不思議ではありません。その逆に、ほぼ実測に近いものを出してくる本部さんもあるでしょう。

 

最重要ポイントは市場(マーケット)予測

特に「この地域ならこのくらいの顧客を捕まえることができますよ」といったマーケット調査は重要なポイントです。先ほどもお話しした通り、ここがダメだとすべてがうまくいきません。

一番の基礎となる戦略の部分です。一度、開業したら簡単に場所を移すことなんてできないからです。この辺りの情報をどのように捉えて伝えてくれているか?

説明会に来てくれた人に対して、すぐに加盟してほしいからすぐに「大丈夫ですよ」と言ってしまうのか?それとも開業してほしい気持ちをぐっとこらえて、説明会に来てくださっている方たちに「そこはあんまりよくないからやめましょう」と、正直なことまで話してくれる本部さんなのか?もし、あなたが説明会にいく機会があったなら、その部分を見て、判断できるといいですね。

 

(2)開発力とは?

その本部さんが、どのくらいヒット商品を生み出す力があるか?というのが、開発力です。たとえばカレー専門店のフランチャイズさんであれば『季節限定◯◯◯◯カレー』とか『新商品◯◯◯カレーうどん』とか、コンビニチェーン店さんであれば『プライベートブランド◯◯◯アイス』とか『◯◯◯冷凍食品』とか、かならずヒット商品がありますよね。このヒット商品を「ある一定の期間内」に生み出すことができるか?で、本部の開発力の大きさを測ることができます。

なぜなら、こういった開発力の裏には、フランチャイズ本部さんの組織の大きさが必要になるからです。

たまに何かを開発して出すくらいなら、少ない人数の組織でも可能かもしれませんが、ある程度コンスタントにヒット商品を出すには、専門のチームが必要になります。毎日「何かないか?」と常に考えているスタッフがいなければ、ヒット商品どころか、商品を開発することさえ難しいことかもしれません。

 

ヒット商品を出すには

さらに商品を開発できたとしても、それを宣伝してヒットさせようと思ったら、商品開発部の他に、専門のマーケティングチームや宣伝部なども必要になります。

いずれにしても、そこには相当の組織力が必要になってきます。専門チームをおこすには資本と人材が必要になりますから、これを自前でできる本部さんは、単純に「すごい」と言って良いでしょう。本部としての実力はかなり高いとみて間違いありません。

 

(3)スーパーバイザーとは?

加盟店をサポートするという目的で本部から送られてくる人たちのことを「スーパーバイザー」と呼びます。簡単に言うと開業後の店舗に定期的に訪れて、オーナーや店長さんに経営の指導をしたり精神面でのアドバイスをくれたりする本部の担当者さんです。

では、彼らがお店に来た時に具体的に何をしていくのか?というと彼らは「5Cプラス1P」と呼ばれている下記のような仕事を店舗に対しておこなっています。

  • コンサルティング(経営指導)
  • カウンセリング(精神面でのケアサポート)
  • コーディネーション(必要に応じて専門家とのつなぎ役をする)
  • コントロール(本部のルールに沿っているか点検する)
  • コミュニケーション(本部と加盟店の仲立ち)
  • プロモーション(加盟店独自の施策の企画と実施)

まず、ルールに沿った運営をしているか?をチェックします。その上で、各店舗の売り上げが上がるように経営の指導をし、オーナーさんや店長の経営のに対する不安などをケアします。時には「売上が上がりません」という愚痴を聞いたり相談に乗るという役割をこなしながら各店舗を順番に回ります。

これを「輪店」と呼びます。

スーパーバイザーになる方は、もともと直営店で現場の勤務経験がある方がほとんどです。現場を知っていないとアドバイスできないから当然ですなのですが、本部によっては、現場経験が豊富でない方や直営店で店長をしていた時の営業成績が、それほど良くない方が、スーパーバイザーとしてその役目についている場合もあるようです。

開業後に加盟店の経営をうまく軌道に乗せるために、スーパーバイザーは重要な役割を担っています。そのキーマンが実績のある人か?それによって加盟店の行く末が左右される可能性があります。

なので、自分ではそこまでできなかった人にアドバイスされても、そのアドバイスがどれほど有益なのか?疑問ですよね…。というわけで、スーパーバイザーさんになる人の実績がどの程度のものだったのか?を知っておくこともフランチャイズ本部を選ぶ際にはとても重要な要素です。

 

コミュニケーション

普段は、全然連絡もよこさない。そして一ヶ月に一回やって来る人に、心を開いていろいろなことを相談できる人もそうはいません。そうなるとスーパーバイザーさんとも普段からコミュニケーションをきちんととっておく必要があります。ほとんどの場合、契約して開業したら、その後、本部から連絡はほとんどありません。

ずっとほったらかしの状態で、月に一度会うだけですから、そういうスーパーバイザーさんには、正直来てもらっても邪魔に思うだけです(苦笑)。その時間を使って、営業に回ったほうがマシ。って思うようなスーパーバイザーさんがいるのも事実です。

 

最後に

お話しした通り、スーパーバイザーさんの役割はとても重要です。

加盟店にとって重要な役割を果たすキーマンですから少なくても最初の1〜3ヶ月、経営が軌道に乗るまでは、一緒に営業に行ったり、親身になってくれる方が理想的です。どんなフランチャイズ本部にお世話になるか迷ったなら、そういったスーパーバイザーがいる本部を探すのも一つの考え方だと思います。

 

いかがでしたか?

ご紹介した上記の5社はどれも実績のあるフランチャイズ本部さんです。あなたのフランチャイズ本部選びの参考にしてみてください。そして実際に説明会へ行ったときに、上の「予測力」「開発力」「スーパーバイザー」の3点について、質問してみてください。

 

質問!

配食サービス店舗を開業するには、いくら必要か?

あなたは知っていますか?

(1)改装資金は、いくらかかるの?

(2)厨房設備にはいくらかかるの?

(3)他にはどんなものが必要なの?

質問の答えはこちらから↓

開業を本気で考えているあなたへ

簡単10秒入力

実際に開業した資金実例です。正確な金額把握ができます。 

不動産取得・店舗内装費・厨房機器・備品一式を購入した際の書類一式を公開します。

PAGETOP