後悔しない配食フランチャイズ本部を選ぶための3つのポイントをわかりやすく解説
  • 【高齢者向け】お弁当宅配店舗 フランチャイズ本部比較

フランチャイズ開業のリスクを減らしたいあなたへ

簡単10秒入力

実際に開業した資金実例です。正確な金額把握ができます。 

不動産取得・店舗内装費・厨房機器・備品一式を購入した際の書類一式を公開します。

フランチャイズ本部5社を厳選!
【高齢者向け】お弁当宅配事業のリスクを比較検討しよう!!
 

【高齢者向け】お弁当宅配の分野でシルバービジネスに参入したいとお考えのあなた。こんなお悩みはありませんか?

どのフランチャイズ本部に加盟したらリスクが少ないのか?

いちばん費用が安く済むフランチャイズ本部を比較検討できないか?

フランチャイズ加盟資料のどんな点がポイントなの?

フランチャイズのお弁当宅配事業って将来的に大丈夫なの?

フランチャイズに加盟しているお弁当宅配店ってちゃんと儲かってるの?

フランチャイズ加盟+開業資金っていくらくらいかかるの?

フランチャイズの宅配ビジネスって失敗談とか失敗例とかあるの?

フランチャイズで経営を始めるメリットは、なんといっても経営の知識やその分野のノウハウがなくても始められること。でも【高齢者向け】お弁当宅配ビジネスには、たくさんのフランチャイズ本部さんがあります。でも、いったいどのフランチャイズ本部さんを選んだらいいのか?迷っていませんか?

そこで当サイトでは、【高齢者向け】お弁当宅配ビジネスのフランチャイズ本部さんの資料を実際に取り寄せて比較検討してみました。独自のランキングを作ったので、ぜひ、あなたの【高齢者向け】お弁当宅配ビジネスのフランチャイズ本部さんを比較検討することで、リスク回避の参考にしてください。

※編集部が独自にランキング化したものです。最終的な決定はご自身の責任になりますので、ご注意ください。※記載情報は、インターネットおよび各社資料を参考に記載しておりますが、万が一記載情報に誤りがある場合は訂正をしますので、お気付きの際にはご一報ください。 

 

今回、調査委員会が比較検討する【高齢者向け】お弁当宅配ビジネスのフランチャイズ本部さんは次の5社(6ブランド)です。

まごころ弁当/配食のふれ愛(株式会社シルバーライフ)

ライフデリ(株式会社グランフーズ)

ニコニコキッチン(株式会社ソーシャルクリエーション)

宅配cook123(株式会社シニアライフクリエイト)

日本配食サービス協会(一般社団法人 日本配食サービス協会)※()内は運営会社。順不同

ランキングは、開業時にかかる資金(加盟金/保証金)と、実際に【高齢者向け】お弁当宅配事業を運営した時にかかってくる費用(ロイヤリティー/システム使用料/月会費)を比較して、よりリスクの少ない安定した経営につながると判断した宅配フランチャイズ本部さんに、高いポイントをつけて算定しました。ただし、あくまでも独自のランキングですので、最終的な判断はご自身でお願いします。それでは発表です!

 まごころ弁当/配食のふれ愛

ブランド概要

運営会社 本社所在地 代表者名
株式会社シルバーライフ 〒160-0023
東京都新宿区西新宿4-32-4
代表取締役社長 清水 貴久
電話番号(代表) ホームページ フランチャイズ加盟数
03-6300-5622 店舗数業界No1!高齢者配食サービスチェーン・まごころ弁当 全国 約545店

収益モデル 損益分岐点50食(一人で運営)

月商 709,500
商品原価 296,571
ロス原価 0
売上総利益(粗利益) 412,929
人件費(社員・パート) 0
その他経費 162,000
ロイヤリティ 0
システム使用料 0
月会費 30,000
営業利益 220,929

フランチャイズ加盟条件

契約期間 加盟金 保証金
5年間 ¥0 ¥0
研修費 ロイヤリティ システム使用料
¥0 ¥0 ¥0
月会費 エリア保護 エリア拡大
¥30,000 有り 本部許可制

開業資金

店舗取得費 別途お見積もり
内装工事費 0~¥1,500,000
厨房機器費 0~¥1,200,000
容器・備品 記載なし
販促物 記載なし
事務機器など 記載なし

食材費(おかずのみ)

普通弁当 +ボリューム食 糖尿病対応弁当
¥180~ - ¥294
腎臓病対応弁当 やわらか弁当 ムース
¥313 ¥287 ¥246

 ここがポイント

POINT  POINT  POINT 
なんといってもフランチャイズ本部のなかではダントツのNo.1。全国545店舗を展開する最大手。 加盟金/保証金/ロイヤリティーがすべて0円の通称『ゼロプラン』で開業の敷居が低い。 自社工場と提携工場を合わせて全国20カ所以上に食材工場を持つ。全国一律の送料を可能にしている。

調査員のリスク&比較コメント

シルバーライフさんの展開する宅配フランチャイズブランド『まごころ弁当』『配食のふれ愛』の特徴は、なんといっても加盟金/保証金/ロイヤリティーがすべて0円のゼロプランにあります。そのほか、システム使用料も無料化するなど、ランニングコストという面で他社との一線を画しています。

食材への取り組みも大きなポイントです。宅配を利用している方にとっての最大の問題は『飽きること』です。この問題に対して、冷凍ではなく、風味が残る冷蔵品を採用しており、離客されない工夫をしている点は、高く評価されて良いと思います。加えて自社工場も含めて、全国20カ所に食材工場を持つことで、食材の送料を全国一律にしている点も評価しました。もし工場が一カ所しかなければ、万が一、そこで不備が起きた場合、食材の供給が止まってしまう可能性がありますが、そういったことがないように、という食材環境への配慮がされている点に、宅配業を営むフランチャイズ本部としての心意気とこだわりを感じました。

営業エリアも一定の条件をクリアして、本部が許可をすれば、自由に拡大が可能など、加盟店の頑張りが認められる点もプラスの評価をして良いと思います。

ここから資料請求できます👉 

.

ライフデリ

ブランド概要

運営会社 本社所在地 代表者名
株式会社グランフーズ 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田3-20-3 レガリアタワーレジデンスB1 代表取締役社長 小川雄一郎
電話番号(代表) ホームページ フランチャイズ加盟数
050-3171-8071 心の繋がり・高齢者配食サービス 全国 約80店

収益モデル 50食を想定

月商 812,310
商品原価 336,413
ロス原価 0
売上総利益(粗利益) 475,897
人件費(社員・パート) 0
その他経費 170,000
ロイヤリティ 0
システム使用料 18,000
月会費 30,000
営業利益 257,897

フランチャイズ加盟条件

契約期間 加盟金 保証金
3年間(以降3年更新) ¥0 ¥0
研修費 ロイヤリティ システム使用料
¥100,000 ¥0 ¥18,000
月会費 エリア保護 エリア拡大
¥30,000 有り 本部許可制

開業資金

店舗取得費 ¥240,000
内装工事費 ¥115,000
厨房機器費 ¥133,000
容器・備品 ¥115,000
販促物 記載なし
事務機器など 記載なし

食材費(おかずのみ)

普通弁当 +ボリューム食 糖尿病対応弁当
¥196 - ¥275
腎臓病対応弁当 やわらか弁当 ムース
低タンパク食 ¥306 - ¥248

 ここがポイント

POINT ❶ POINT  POINT 
フランチャイズ契約期間が3年間(以降3年更新) 加盟金/保証金/ロイヤリティーが¥0。 営業エリア拡大OK

調査員のリスク&比較コメント

第2位は株式会社グランフーズさんの展開する宅配フランチャイズブランド『ライフデリ』です。こちらも第1位のシルバーライフさん同様に、加盟金/保証金/ロイヤリティーが¥0という部分を、ランニングコストに重要なポイントを置いている当調査委員会として評価しました。また営業エリアに関しても一定の条件をクリアすることで拡大が可能なことも、今回のランキングポイントとして加味しています。

月会費が¥30,000という部分は、第1位のシルバーライフさんと同じなのですが、こちらはシステム使用料が月々¥18,000かかってしまう点が気になるポイントです。開業間もない店舗にとって、¥18,000は大きいですからね。

食材面では、シルバーライフさんと同様に風味や飽きの少ない冷蔵品を提供しており、宅配店舗を運営するにあたって、加盟店にとって大きなプラス要素だと思います。ただし『ライフデリ』さんでは、中部・関西・九州地方への発送の場合や発注時に一箱プラス¥700の食材送料がかかるのが、当サイトが注目する『ランニングコスト』という面で、ややマイナスポイントとなりました。

.

ニコニコキッチン

ブランド概要

運営会社 本社所在地 代表者名
株式会社ソーシャルクリエーション 〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町1-8-15 野村不動産大阪ビル4F 代表取締役社長 高崎 幸人
電話番号(代表) ホームページ フランチャイズ加盟数
06-6264-6667 ニコニコキッチンとは? 全国 約98店

収益モデル 開業12カ月〜24カ月(平均)

月商 1,487,287
商品原価 580,042
ロス原価 0
売上総利益(粗利益) 907,245
人件費(社員・パート) 267,037
その他経費 260,657
ロイヤリティ 59,491
システム使用料 8,000
月会費 0
営業利益 595,185

フランチャイズ加盟条件

契約期間 加盟金 保証金
5年間 ¥1,900,000 ¥800,000
研修費 ロイヤリティ システム使用料
¥200,000 4% ¥8,000
月会費 エリア保護 エリア拡大
¥0 有り 不可

開業資金

店舗取得費 別途お見積もり
内装工事費 別途お見積もり
厨房機器費 ¥2,550,000
容器・備品 ¥820,000
販促物 記載なし
事務機器など 記載なし

食材費(おかずのみ)

普通弁当 +ボリューム食 糖尿病対応弁当
¥249 ¥273 -
腎臓病対応弁当 やわらか弁当 ムース
- - -

 ここがポイント

POINT  POINT  POINT 
加盟金は最高値の190万円 宅配サービス&買い物代行サービス ロイヤリティーは¥0ではないが、上位2社に続き¥8,000定額

調査員のリスク&比較コメント

第3位には、株式会社ソーシャルクリエーションさんの展開する宅配フランチャイズブランド『ニコニコキッチン』です。今回、ご紹介した5社のなかでは、加盟金が最高値の190万円と決して安くはありません。しかしロイヤリティーを4%にして、システム使用料も定額の¥8,000に抑えていることが評価されて、第3位となりました。

『ニコニコキッチン』は全国での宅配店舗数は98店舗とシルバーライフさんなどに比べると少ないのですが、その分、大きな市場であるエリアが残されているとも言えます。これから開業を目指す方にとって、参入の余地が高いと言えるのではないでしょうか。

また、営業エリアの拡大が不可ではありますが、これは逆に本部が加盟店同士のご利用者様の取り合いを防いでいる。という見方もできます。ある程度の人口密度の高いエリアを抑えることが、このビジネス最大の成功ポイントであることを考えると、見方によっては、逆にプラス要素として考えてもいいかもしれません。

.

 宅配クック1・2・3(ワンツースリー)

ブランド概要

運営会社 本社所在地 代表者名
株式会社シニアライフクリエイト 〒108-0073東京都港区三田3丁目12番14号 ニッテン三田ビル6F 代表取締役社長 高橋 洋
電話番号(代表) ホームページ フランチャイズ加盟数
03-5427-3981 私たちはお客様の向こう三軒両隣のちょっとお節介なお弁当屋さんです 全国 約330店

収益モデル スタッフ4名を想定

月商 3,526,800
商品原価 1,481,256
ロス原価 35,268
売上総利益(粗利益) 2,010,276
人件費(社員・パート) 982,000
その他経費 312,000
ロイヤリティ 176,340
システム使用料 0
月会費 0
営業利益 539,936

フランチャイズ加盟条件

契約期間 加盟金 保証金
3年間 ¥1,800,000 ¥500,000
研修費 ロイヤリティ システム使用料
¥200,000 ¥0 ¥40,000
月会費 エリア保護 エリア拡大
¥0 有り 不可

開業資金

店舗取得費 別途お見積もり
内装工事費 別途お見積もり
厨房機器費 別途お見積もり
容器・備品 ¥300,000
販促物 記載なし
事務機器など 記載なし

食材費(おかずのみ)

普通弁当 +ボリューム食 糖尿病対応弁当
¥210 ¥236 ¥302
腎臓病対応弁当 やわらか弁当 ムース
¥302 ¥302 ¥302

 ここがポイント

POINT  POINT  POINT 
加盟数は第2位の全国約330店舗 主要株主には、あの『ファミリーマート』 【高齢者向け】お弁当宅配ビジネスの老舗ブランド

調査員のリスク&比較コメント

第4位は、高齢者配食サービス事業では一番古い歴史をもっている株式会社シニアライフクリエイトさんが展開する宅配フランチャイズブランド『宅配クック1・2・3』です。

一番の老舗である宅配フランチャイズブランドをこの順位にした理由は、上位3者に比べてランニングコストが高かった点にあります。ロイヤリティーこそ5%と第3位の『ニコニコキッチン』とほぼ遜色ありませんが、システム使用料が、月々¥40,000かかってしまう点が、マイナス点となりました。何度も繰り返しますが、開業間もないお弁当宅配店舗では、できるだけランニングコストを抑えたいというのが本音だからです。

しかしながら、老舗としての宅配フランチャイズブランドのブランド力は、今回、ご紹介した中では、やはりトップクラスです。実際に歴史の古さはこの世界の知名度の高さと比例しているため、実際に営業に行った際に、訪問先のケアマネージャーさんへの信頼度は、相当高いと言えるでしょう。フランチャイズに加盟して【高齢者向け】お弁当宅配ビジネスを運営をする意味を考えたときに、大きなポイントになるでしょう。

.

 日本配食サービス協会

ブランド概要

運営会社 本社所在地 代表者名
一般社団法人 日本配食サービス協会 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-15-11日東ビル701 代表理事 吉田 幸生
電話番号(代表) ホームページ 協会加盟数
03-5657-6652 日本配食サービス協会 全国 約10店

収益モデル (160食)

月商 2,724,000
商品原価 1,089,600
ロス原価 0
売上総利益(粗利益) 1,552,680
人件費(社員・パート) 587,196
その他経費 374,192
ロイヤリティ 0
システム使用料 0
月会費 0
営業利益 591,292

協会入会条件

契約期間 加盟金 保証金
3年間 ¥0 ¥0
研修費 ロイヤリティ システム使用料
¥150,000 ¥0 ¥0
月会費 エリア保護 エリア拡大
¥30,000 なし なし(拡大時に追加契約なし)

開業資金

店舗取得費 別途お見積もり
内装工事費 0〜¥1,500,000
厨房機器費 0〜¥1,200,000
容器・備品 記載なし
販促物 記載なし
事務機器など 記載なし

食材費(おかずのみ)

普通弁当 +ボリューム食 糖尿病対応弁当
¥240 - ¥294
腎臓病対応弁当 腎臓病対応弁当 ムース
¥313 ¥287 ¥246

 ここがポイント

POINT  POINT  POINT 
フランチャイズではなく一般社団法人の協会運営 営業エリアを自由に拡大できる 新規出店が自由

調査員のリスク&比較コメント

第5位にランキングされたのは、一般社団法人日本配食サービス協会の『開業支援サービス』です。今回、ほかの4社がフランチャイズ本部の宅配弁当店として契約をするのと違い、一般社団法人の協会が支援する新しい宅配弁当店の開業の形を提案しています。

加盟金/保証金は¥0。営業エリアの拡大も協会に連絡するだけで済み、新規宅配店舗を出店するときにも新たな契約が必要ありません。2店舗目、3店舗目の店舗展開が自由な点がポイントです。知名度はまったくありませんが、ノウハウ自体はしっかりしていて、上記の4社と比べてもまったく遜色がありません。食材の仕入れ先についても、株式会社シルバーライフさん と連携しており、開業後のサポートにもしっかりしています。本格的に【高齢者向け】お弁当宅配ビジネスに乗り出したいなら、縛りの少ない分、自由でやりやすい環境を提供してもらえるでしょう。

もっと上位にできなかったのは、知名度の低さと実績の少なさです。しかしリスクが高いわけではありません。実際、営業エリアを自由に設定できる点や店舗展開する際、新たな契約が生じないことは、【高齢者向け】お弁当宅配事業を今後、拡大運営したい個人や法人にとって、大きなメリットです。また、開業後に宅配店舗にとって一番ネックになる集客についても、広告の出し方や、馴染みの少ない税務上の相談にも対応してくれる点は、大きく評価されて良い点です。そのあたりをどう評価するかが、ポイントだと言えます。

フランチャイズ開業のリスクを減らしたいあなたへ

簡単10秒入力

実際に開業した資金実例です。正確な金額把握ができます。 

不動産取得・店舗内装費・厨房機器・備品一式を購入した際の書類一式を公開します。

加盟してからでは遅い。リスクを最小限にするフランチャイズを比較する3つのポイント

【高齢者向け】お弁当宅配サービスは、これからの高齢化社会にとって、なくてはならないビジネスです。今後20年は市場が拡大するでしょう。でもどんなビジネスにもリスクはつきものです。開業してから「失敗した〜」とならないために、開業まえにあらゆるリスクを比較検討しましょう。ここではフランチャイズ本部を選ぶときに、押さえておくべきポイントを3つお教えします。

さまざまない意見がありますが、当サイトが考えるフランチャイズ本部は、以下の3つを基準で決めるべきだと考えています。フランチャイズ本部5社をご紹介した上の比較表と併せてフランチャイズ本部選びの参考にしてください。

リスクを最小限にするフランチャイズ加盟3つの比較ポイントとは?

(1)ランニングコスト

(2)マーケット調査力

(3)事業拡大のしやすさ

です。

(1)ランニングコスト

ランニングコストはお弁当宅配ビジネスを運営する上で、大変重要な比較ポイントです これを読んでいるあなたは、とても研究熱心な方だと思います。なので、問題ないと思いますが、多くの人はフランチャイズと契約してしまうと、それで成功したかのように錯覚してしまう方がほとんどです。でも、本当は違いますよね?本当のスタートは、開業したその後です。 本部さんはノウハウを提供したり、食材を提供したり、相談に応じてアドバイスをくれるなど、さまざまなサポートをしてくれるますから、そこには相応の代金が発生します。(彼らも商売ですから、それは当たり前です)それは月会費だったり、ロイヤリティーだったりという形で本部に徴収をされるランニングコストです。ご自身で一から立ち上げるのではない限り、フランチャイズでは、ランニンングコストが上がることはやむを得ません。 ただし、それでもランニングコストは出来るだけ、少なくしたい。というのが本音です。食材費だけに目が行きがちですが、ロイヤリティ、月会費、などはもちろん、事業を拡大した時のコストなど、将来性にも目を向けて、総合的に判断をしてください。  

(2)マーケット調査力

【高齢者向け】お弁当宅配ビジネスでの独立開業を目指すのなら、とりあえずは、一店舗目を成功させることに、まずは全力を傾けましょう。そのために必要なのは、マーケット調査です。ここでご紹介した本部さんは、しっかりとした会社さんです。しかし、加盟させることが目的の本部さんも多く「ここは競合がいないので、どうですか?」などと誘導されることもあります。 10年前と比べて、全国の店舗数が増えていますが、そのなかでも未だにお弁当宅配店舗がないエリアがあります。なぜでしょう?答えは簡単です。そこには【高齢者向け】お弁当宅配ビジネスのマーケットがないからです。そこに、お店がないことには、絶対理由があります。お弁当宅配の市場がそもそもないか?そこにお店を出せない特別な理由があるか?のどちらかです。『自分の家に近い』『どうしてもここでやりたい』という理由をあげる人もいますが、ビジネスは儲かってこそ成り立ちます。同じ資金を出して開業するのであれば、失敗のリスクは少なく、かつ成功の確率をあげないと時間とお金が無駄になってしまう可能性が高まります。 マーケットが確実に存在することは競合店の存在よりも大切なことです。そこにマーケットさえあれば、あとは自分の努力次第になるからです。加入前に調べ尽くして、調べ過ぎなことはありません。リスクを極限まで減らすためにも自身が納得するまで、担当者と相談をしてください。  

(3)事業拡大のしやすさ

一店舗目が成功したら、次は、そこを基盤にして、営業エリアを拡大しましょう。営業エリアの拡大には、通常、本部の提示した条件をクリアする必要があります。そのエリア内での営業をきちんとしていることが、最低条件となります。残念ながら、エリアの拡大を認めない本部さんもあるので、しっかりと確認をしてから、フランチャイズ契約を結ぶようにしましょう。 そして、営業エリアも拡大してきたら、その次のステップとして、契約店舗展開を目指しましょう。通常は、新たな契約を交わす必要があります。事業拡大のしやすさは、5年後、10年後を見据えてのことですが、その時になって慌てないように、こちらも最初の契約時にしっかりと確認をしましょう。 ご紹介した5社のなかには、店舗展開を自由にできる本部さんもあります。あなたが将来的にどんな未来像を描いているのかで、どのフランチャイズ本部を選ぶのか?その選択肢が変わってきます。一店舗だけで満足するのか?独立開業を機に、会社を立ち上げて、自分と会社を成長させて行きたいのか?それによって最適な選択肢があります。しっかりと自身の将来を見据えて、フランチャイズ本部選びの基準にしてください。

 

最後に

【高齢者向け】お弁当宅配ビジネスに限らず、ビジネスはスタートしてからが勝負です。 フランチャイズ本部の担当者は、加盟側にとって重要な役割を果たすキーマンです。なので、少なくても最初の1〜3ヶ月、経営が軌道に乗るまでは、親身になってくれる方が理想的です。どんなフランチャイズ本部にお世話になるか迷ったなら、そういった担当者との相性も本部を探すのも一つの考え方だと思います。 いかがでしたか? ご紹介した上記の5社はどれも実績のあるフランチャイズ本部さんです。あなたのフランチャイズ本部選びの参考にしてみてください。そして実際に説明会へ行ったときに、上の「ランニングコスト」「マーケット調査力」「事業拡大のしやすさ」の3点について、質問してみてください。フランチャイズ本部の比較をすることで、開業のリスクを少しでも減らしましょう。

 

質問!

【高齢者向け】お弁当宅配ビジネスを開業するには、いくら必要か? あなたは知っていますか?

(1)改装資金は、いくらかかるの? (2)厨房設備にはいくらかかるの? (3)他にはどんなものが必要なの?

質問の答えはこちらから↓

フランチャイズ開業のリスクを減らしたいあなたへ

簡単10秒入力

実際に開業した資金実例です。正確な金額把握ができます。 

不動産取得・店舗内装費・厨房機器・備品一式を購入した際の書類一式を公開します。

PAGETOP